下痢のときの離乳食

下痢の時、離乳食は食べさせても大丈夫ですか?

もし水みたいな下痢が1日3~4回以上あるのでしたら、便を持参の上、かかりつけの小児科へ受診されることをお勧めします。離乳食期におなかのかぜ(腸感冒)にかかると、回復期に二次的な消化不良に陥り、下痢が長引くこともあります。軟便が1日2~3回以内で、食欲や元気がよいなら様子をみてもよいでしょう。

さて離乳食を与えてよいかどうかですが、8ヶ月のお子様に与えている離乳食でしたら消化のよいものをあげておられるはずですね。もし食欲があるようでしたら「消化のよい」離乳食は与えてもよいでしょう。

下痢のときのケア

どのように看病したらいいでしょうか?

最大のポイントは「水分を十分補給すること」です。水分を取らせすぎるから水っぽい便になると考えるのではなく、下痢で水分が失われてしまうので水分をしっかり飲ませる必要があると考えてください。水分としては糖分と一緒に補給のできる子ども用イオン飲料やりんごジュースなどがお勧めです。逆に牛乳や柑橘系のオレンジジュースなどは嘔吐や下痢を起こしやすいので避けてください。

食欲がないのに無理に食べさせることは必要ありません。 まずは水分補給を優先させてください。 もし食欲が出てきたら、消化のよい食事を与えてください。

第1段階:野菜スープ、みそ汁、おもゆ、りんごのすりおろし
第2段階:とうふ、にんじんやかぼちゃの煮つぶし
第3段階:おかゆ、うどん、白身魚の煮付け、鶏ささみ、野菜の煮付け