熱性けいれん

原因

脳が未熟である、 抑制する神経系が未発達、ショートしやすい、脳の水分量が多く脱水の影響を受けやすい などの原因が挙げられます。

症状

38℃以上の発熱時に起き、けいれんを主症状とします。髄膜炎や脳炎、低血糖、強い脱水など何らかのはっきりした原因がありません。年齢が生後6ヶ月以上、6歳未満の児に起きます。小児の数%にみられ、再発は約半数、知能障害になるのは約1%未満と心配の少ないものです。

対処

  • まず落ち着いて!! あわてないのが最も大切。
  • 時計を見よ!5分は長いのでその時は救急車を呼んで!
  • 安全な場所に横にせよ!できれば吐いてもいいように横を向かせる
  • 口に物を入れないこと!
  • 病院で様子を説明できるように観察すべし!(目、顔、手足)

予後

【再  発】 50%位の子は再発しない。2年間発作がないと95%は再発しない。
【てんかん】 95%ならない。
【知能障害】 99%ならない。

予防

熱性けいれんを2回以上起こしたお子様や1回でも親御さんのご心配が強い場合などはけいれん予防の坐薬を予防投与する方法があります。小児科へご相談下さい。

ひきつけとけいれんって違うこと?

けいれん=ひきつけ=発作(けいれん発作)ですが、 てんかんや熱性けいれんとイコールではありません。

けいれん中の脳はどうなっているの?

脳が異常に興奮しており、抑制や停止ではありません。意識がなくなったり痛みを感じなくなります。呼吸はしにくい状態ですが、脳が興奮しているくらいでは死ぬことは決してありません。そして、通常の熱性けいれんでは脳障害を起こすことはありません。

どういう時に救急車を呼んだらいい?

  • けいれんが5分以上続くとき
  • けいれんが止まった後も意識の回復、姿勢、呼吸状態、顔色などが悪い
  • 初めてのけいれん(特に1歳未満と、5歳以上)
  • けいれんが左右対称でない
  • 24時間以内に繰り返す
  • いつもと様子が違う